本文へスキップ

三重県桑名市の漢方薬局。不妊相談、自律神経失調症相談、アトピー相談、ガン相談。

電話でのお問い合わせはTEL.0594-21-8993

〒511-0811 三重県桑名市東方327-3 ルラージュ1F

ニキビ(尋常性ざ瘡)と漢方薬acne

ニキビ(尋常性ざ瘡)とは

男女とも思春期になると男性ホルモンの分泌量が多くなります。すると、皮脂腺から分泌される皮脂の量が増え、毛穴に大量の皮脂がたまりやすくなります。そこに皮脂の多い環境を好む「ニキビ菌」などが繁殖し炎症を起こします。この皮膚の炎症が「ニキビ(尋常性ざ瘡)」です。
ニキビは、中学生や高校生の思春期の子に発症しやすいのですが、近年では「大人ニキビ」と言われるほど大人の方でも発症する方が多くなっています。漢方修徳薬局でも20代、30代の方のご相談が多くなっています。大人ニキビが増えている要因はストレス、食生活、睡眠不足と言われています。
主に顔面、頚部、胸部、背部などの毛穴に一致して発生する丘疹で、発赤、化膿、結節などが多くみられます。

西洋治療では、抗菌薬の内服や外用が使われますが、長期間の治療が必要だったり、治療をやめると、ニキビが再びできやすくなってしまいます。そのため、基本的には漢方薬で治療し、抗菌薬は症状がひどい時だけ使用することが進められています。


漢方薬で治すニキビ

ニキビの症状には、炎症、赤み、化膿、うっ血、しこり、痛みなどさまざまな症状があり、体質とニキビの状態を見極めてより適切な漢方薬を飲んで頂く事が大切です。
ニキビは、ニキビ菌が毛穴に繁殖して炎症を起こすことでできているので、炎症を抑えながら解毒する「清熱解毒作用」の漢方薬を基本として用います。さらに、ニキビの状態をみて「排膿作用」「活血化オ作用」「理気作用」の漢方薬を加えることが大切です。

  • 化膿して膿を持った痛々しいにニキビは、「清熱解毒作用」の漢方薬に化膿を抑える「排膿作用」の漢方薬を加えると効果的です。
    チョコレート、生クリーム、揚げ物などを食べすぎると化膿したニキビができやすくなりますのでご注意ください。
  • うっ血したような紫色のニキビには、「清熱解毒作用」の漢方薬にうっ血を取り除く「活血化オ作用」漢方薬を加えると効果的です。
    うっ血を取り除く「活血化オ作用」の漢方薬は、黒ずんでしまったニキビ痕にも効果的です。
  • ストレスで悪化するニキビ、生理前に悪化するニキビには、「清熱解毒作用」の漢方薬に気滞を取り除く「理気作用」の漢方薬を加えると効果的です。
  • 便秘は皮膚疾患の原因です。便秘の方は大黄を加えて便秘を解消します。

ニキビは漢方薬で改善しやすい皮膚疾患です。
ニキビでお困りの方、体質に合わせた漢方薬でニキビを改善してみませんか。


ニキビでお悩みの方へのアドバイス

  • 食事
    毛穴がつまりやすい脂肪分が多い食べ物や脂っこい食べ物は控えましょう。(チョコレート、ケーキ、生クリーム、スナック菓子、揚げ物など)
    刺激物はニキビの炎症がひどくなることがありますので控えましょう。(トウガラシ、コーヒーなど)
    逆に、ビタミンCが豊富な緑黄色野菜(ピーマン、ゴーヤなど)をバランスよく摂りましょう。便秘の方は食物繊維の多い野菜を積極的に摂りましょう。
  • 化粧
    油分はニキビ菌を増やす原因になりますので、油分の少ないファンデーションを選ぶと良いそうです。
    化粧が残らないようにクレンジングをしっかりしましょう。厚塗りをするとクレンジングの時にゴシゴシこすってしまい、ニキビを刺激して悪化させるといけないので薄塗りをおすすめします。
  • 正しい生活リズムを保ちましょう
    慢性的な睡眠不足やストレスがニキビを悪化させる可能性があります。睡眠を規則正しくとったり、趣味を見つけてストレスをためないようにしましょう 。

ニキビが治った。喜びの声

生理前に悪化するニキビ 症例1

21歳 女性

【症状】

頬、あご、首に赤く炎症したニキビができやすく、生理前に特に悪化します。
全身症状は、生理不順、生理痛、冷え症、頭痛、イライラ感、便秘があります。

【漢方薬を服用してから】

生理前に悪化しやすいニキビであることと、その他の体質を考慮した漢方薬を飲んで頂きました。
漢方薬を飲んで2ヵ月後・・・少しずつニキビができにくくなってきました。便秘も解消しました。
漢方薬を飲んで5ヵ月後・・・生理前のニキビはできやすいが、普段はだいぶできにくくなってきました。その他、生理周期が安定してきたのと生理痛が軽減してきました。
漢方薬を飲んで1年後・・・・ニキビはほとんど出なくなりました。ただ、職場のストレスと生理前が重なるとニキビが悪化しやすいです。この頃には頭痛もほとんど起きなくなりました。

ニキビ以外の生理痛、頭痛、冷え症が改善して喜んで頂けました。本人様の希望でその後も漢方薬を継続して頂いております。

化膿したニキビ 症例2

37歳 女性

【症状】

もともとニキビはできやすが、1年前に転職してから悪化するようになりました。
あご、口のまわり、こめかみの所々に赤く腫れあがった化膿したニキビができやすいです。黒ずんだニキビ痕も残っています。

【漢方薬を服用してから】

ストレスで悪化しやすい化膿したニキビであることと、その他の体質を考慮した漢方薬を飲んで頂きました。
漢方薬を飲んで2ヵ月後・・・赤く腫れあがった化膿したニキビが、ほぼきれいになりました。
漢方薬を飲んで7ヵ月後・・・ここ最近はニキビできません。職場でストレスが加わってもニキビができず喜んで頂けました。

ニキビ 症例3

26歳 女性

【症状】

もともと顔の全体に白っぽいニキビがたくさんありましたが、2年前から耳の下〜あご、首に赤く腫れ上がった化膿したニキビができるようになりました。生理前〜生理中は特にできやすいです。
全身症状は、冷え症、頭痛、肩こり、イライラ感、生理血に血塊混じる

【漢方薬を服用してから】

職場のストレスと生理前〜生理中に悪化しやすい化膿したニキビであることと、その他の体質を考慮した漢方薬を飲んで頂きました。
漢方薬を飲んで3ヵ月後・・・生理前のニキビはできやすいが、全般に減りました。
漢方薬を飲んで6ヵ月後・・・生理前のニキビできにくくなりました。頭痛、イライラ感も軽減しました。
漢方薬を飲んで9ヵ月後・・・ニキビほとんどできなくなりました。

9ヵ月でニキビはできにくくなりましたが、生理痛がまだありましたので、本人様の希望で漢方薬を継続して頂きました。その後、生理痛も軽減しました。

ニキビ 症例4

38歳 女性

【症状】

20年前、就職してからニキビができやすくなりました。特に2年前から悪化しています。
全身症状は、便秘、飛蚊症があります。

【漢方薬を服用してから】

ストレスで悪化しやすく便秘体質であることを考慮した漢方薬を飲んで頂きました。
漢方薬を飲んで2ヵ月後・・・大きいニキビが減りました。
漢方薬を飲んで4ヵ月後・・・ニキビできにくくなりました。

この方は、飛蚊症の進行予防のために杞菊地黄丸も飲んで頂いており、飛蚊症も少しずつ改善しつつありました。


ニキビ(尋常性ざ瘡)は体質に合わせた漢方薬で改善できます。
お気軽にご相談ください。

TEL 0594-21-8993

このページの先頭へ

漢方相談が多い疾患

子宝の悩み

女性の悩み

皮膚の悩み

こころ・神経の悩み

アレルギーの悩み

頭・顔面の悩み

胃腸の悩み

循環器の悩み

免疫・代謝・内分泌の悩み

その他


鍼灸治療

漢方修徳薬局

〒511-0811
三重県桑名市東方327-3 ルラージュ1F
TEL 0594-21-8993
営業時間 AM9:30〜PM7:00
定休日 金曜・日曜・祝日