本文へスキップ

三重県桑名市の漢方薬局。不妊相談、自律神経失調症相談、アトピー相談、ガン相談。

電話でのお問い合わせはTEL.0594-21-8993

〒511-0811 三重県桑名市東方327-3 ルラージュ1F

酒さ、酒さ様皮膚炎と漢方薬rosacea

酒さとは

酒さは中年以降の女性に多い慢性的な皮膚疾患です。鼻の頭、両頬、額、あごなどの出やすく、寒暖の変化や飲酒時に著明になりやすいです。
酒さは進行の度合いによって第T度〜第V度に分けられます。
第T度(紅斑性酒さ)は毛細血管が新生し、拡張して顔が赤くなりほてりを伴います。
第U度(酒さ性ざ瘡)は顔の赤み、ほてりに加えて皮脂分泌も盛んになり、ニキビのような丘疹や膿疱を作るようになります。
第V度(鼻瘤)は男性に多いのですが鼻を中心に組織が増殖して腫れた塊りのようになります。

根本的な原因はよく分かっていませんが、症状を悪化させる要因としては、精神的ストレス、緊張、紫外線、温熱、寒気、飲酒、香辛料、胃腸障害、貧血などがあります。女性では閉経前後に悪化しやすいこと、片頭痛の合併が多いことなどから、血管を拡張させたり収縮させたりする血管運動神経の異常が考えられています。


ここからは酒さ様皮膚炎についてお書きします。
酒さと酒さ様皮膚炎は同じような病名で紛らわしいですね。
酒さ様皮膚炎の症状が、酒さの症状に似ているので酒さ様皮膚炎という病名になったようです。
症状は似ているものの、酒さは原因がよく分かっていないのに対し、酒さ様皮膚炎は長期的にステロイド軟膏の連用が原因となっています。治療のためにはステロイド軟膏の中止が不可欠ですが、中止すると一時的にかなり症状が悪化します。ステロイドの離脱症状時にも漢方薬が有効とされています。
また、発症する年代としては20代〜50代の女性に多いとされています。


漢方薬で治す酒さ、酒さ様皮膚炎

酒さ、酒さ様皮膚炎の症状には、赤み、かゆみ、灼熱感、化膿、うっ血、しこりなどさまざまな症状があります。体質と酒さの状態を見極めてより適切な漢方薬を飲んで頂く事が大切です。
酒さは、顔のうっ血状態ですのでうっ血を改善する「活血化オ作用」の漢方薬を基本として用います。さらに、酒さの状態をみて「清熱作用」「排膿作用」「疏肝理気作用」の漢方薬を加えることが大切です。

  • 基本的には酒さの根本の体質を改善するために、顔のうっ血を改善する「活血化オ剤」が効果的です。
  • ほてりやすい方には、「活血化オ作用」の漢方薬にほてりを抑える「清熱作用」の漢方薬を加えると効果的です。
  • ニキビのように化膿して膿がある方には、「活血化オ作用」の漢方薬に化膿を抑える「排膿作用」の漢方薬を加えると効果的です。
  • 酒さの症状を悪化させる要因に精神的ストレスがあります。ストレスが多い方には「活血化オ作用」の漢方薬にストレスを緩和する「疏肝理気作用」の漢方薬を加えると効果的です。
    多くの方は酒さ自体がストレスになっていますので、たいていの方に「疏肝理気作用」の漢方薬を加えることが現状です。

酒さは、1年〜3年と長期間継続しないといけない皮膚疾患ですが、漢方薬で良くなることもしばしばあります。酒さでお困りの方、体質に合わせた漢方薬を試してみませんか。


酒さ、酒さ様皮膚炎の喜びの声

酒さ様皮膚炎 症例1

47歳 女性

【症状】

3年前に皮膚炎の治療でステロイド軟膏を使用していました。その後、酒さ様皮膚炎になりステロイドを中断しました。ステロイド中断後は一時的に急激に悪化しました。
初めて漢方相談にお越し頂いた時は、ステロイドの離脱症状は落ち着き顔の赤み、ほてり、かゆみがある程度でした。寒暖の変化で症状出やすい。

【漢方薬を服用してから】

舌診をすると舌に黒い点々がありオ血体質がありましたので、酒さ治療の基本通りうっ血を去る漢方薬とほてり、赤みを軽減する漢方薬を飲んで頂きました。
漢方薬を飲んで4ヵ月後・・・少しずつほてり、かゆみが減少しました。。
漢方薬を飲んで1年後・・・・ほてり、かゆみはさらに軽減しました。

その後も3年ほど根気よくお飲み頂きました。


酒さ、酒さ様皮膚炎は体質に合わせた漢方薬で改善できます。
お気軽にご相談ください。

TEL 0594-21-8993

このページの先頭へ

漢方相談が多い疾患

子宝の悩み

女性の悩み

皮膚の悩み

こころ・神経の悩み

アレルギーの悩み

頭・顔面の悩み

胃腸の悩み

循環器の悩み

免疫・代謝・内分泌の悩み

その他


鍼灸治療

漢方修徳薬局

〒511-0811
三重県桑名市東方327-3 ルラージュ1F
TEL 0594-21-8993
営業時間 AM9:30〜PM7:00
定休日 金曜・日曜・祝日