本文へスキップ

三重県桑名市の漢方薬局。不妊相談、自律神経失調症相談、アトピー相談、ガン相談。

電話でのお問い合わせはTEL.0594-21-8993

〒511-0811 三重県桑名市東方327-3 ルラージュ1F

関節リウマチと漢方薬Rheumatism

関節リウマチとは

関節リウマチで漢方薬を飲む女性関節リウマチは、全身の関節の結合組織(滑膜)に炎症が起こる疾患で、主に指、手首、肘、足首、股関節などが侵されやすく、軟骨の破壊や関節の変形をもたらします。

日本には関節リウマチの患者さんは60万人〜70万人いると言われております。女性に多い疾患で、特に30歳代〜50歳代で発症しやすい疾患です。

関節リウマチと診断を受けたら、まず病院で治療を開始しするでしょう。病院の治療で十分な効果が得られれば一番良いのですが、中には痛みやこわばりが満足いくほど改善しない場合や副作用が強くて十分な治療を受けれない場合があります。そのような場合は漢方薬での治療を検討してみて下さい。


関節リウマチの原因

人には細菌やウイルスを排除する防衛システムが備わっています。この仕組みを免疫といいます。
免疫の仕組みの一部が狂ってしまい、敵か味方か見分けがつかなくなり、自分自身の体に向かって攻撃をしかけてしまう病気があります。これを、自己免疫疾患といいます。
関節リウマチの場合、関節を守る組織や骨、軟骨を敵とみなして攻撃し壊してしまう事で発症します。

では、「自己免疫疾患の原因は何なのか?」ですが、残念ながらはっきりとはわかっていないようです。
女性に多いということからホルモンが関係しているのではと推測されたり、ストレスや過労、出産などが関係しているのではないかとも推測されています。

関節リウマチの西洋治療

関節リウマチの治療法は、薬物療法、リハビリ、手術療法があります。基本的には薬物療法で治療していきます。

関節リウマチに使われる薬には、抗リウマチ薬、消炎鎮痛剤、ステロイド、生物学的製剤などがあります。基本的にはメトトレキサート(リウマトレックス)などの抗リウマチ薬や生物学的製剤を使用します。
痛みや腫れが強い場合にはステロイドや消炎鎮痛剤を補助的に使います。
リウマチ治療に用いられる薬は副作用が強いものが多いので専門医にしっかり診てもらいましょう。


関節リウマチに有効な漢方薬

病院治療だけでは痛みやこわばりが取りきれない方、副作用が苦痛で満足いく治療が続けられない方には漢方薬の併用をおすすめしております。
病院治療+漢方治療を組み合わせることで思っていた以上に効果が出ることが多々あります。

同じリウマチであってもその方の体質や痛みの程度によって用いる漢方薬を調整することが大切です。
一般的には、体力がある方には越婢加朮湯、葛根加朮附湯など、体力が普通の方には疎経活血湯、麻杏ヨッ甘湯、桂枝二越婢一湯加附子、ヨク苡仁湯などを、体力がない方には防已黄耆湯、桂枝芍薬知母湯、桂枝加朮附湯、大防風湯、茯苓四逆湯などを用います。
体力が著しく低下している方には、人参養栄湯、補中益気湯、六君子湯、鹿茸大補湯、参茸補血丸、加味帰脾湯などで体力を付けながら治療することも重要です。
同じリウマチであっても痛み、こわばり、熱感、冷え、胃腸の丈夫さ、体力などさまざまな状態に合わせて漢方薬を飲み分けていきます。

紅豆杉と関節リウマチ

完治は難しいとも言われるなか、多くの改善症例があり、副作用がない『紅豆杉(こうとうすぎ)』が脚光を浴びています。そんな脚光を浴びている紅豆杉について書いておきます。

紅豆杉って何?

紅豆杉は中国の雲南省で自生するイチイ科の植物です。紅豆杉は「杉」という字が使われていますので杉の一種と思われがちですがスギ科ではなくイチイ科の植物です。

リウマチに希望、学会でも発表されています。

病院でのリウマチ治療薬では痛みの原因となる物質を抑える薬も開発されております。しかし、痛みが取りきれない場合や副作用で治療が継続できない場合があります。そんななか、副作用を伴わずリウマチ症状を改善する成分として『紅豆杉』が注目を集めています。国内、海外合わせて50を超える学会で発表されており完治しづらいとされているリウマチ治療において脚光を浴びています。医療機関でも『紅豆杉』を積極的に利用する例が増えているようです。

当店でも紅豆杉を取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

『紅豆杉』の飲み方

紅豆杉には錠剤タイプとお茶タイプがあります。リウマチの方には下記の用量でお飲み頂くことをおすすめしております。
錠剤タイプ・・・1日3包。(1包中6粒入っています)
お茶タイプ・・・1日2包。(1包に5g入っています)(お茶タイプは5分間煮出します)

※紅豆杉のお茶タイプには2g入りと5g入りがあります。リウマチの場合1日に5gを2包お飲み頂くことを推奨しております。


関節リウマチでお悩みの方へのアドバイス

  • リウマチ体操をしましょう
    リウマチ体操を継続することで関節機能が保たれ筋力を維持できます。。
  • 正しい生活リズムを保ちましょう
    睡眠をしっかりとって疲れをためないようにしましょう。
    アルコールの飲みすぎにも注意しましょう。
    また、カルシウムやビタミンDを積極的に摂りましょう。

関節リウマチ症状が緩和した。愛用者の声

全身のリウマチ痛が劇的に改善。 症例1

40歳代

【症状】

歯科医のO様は40代半ばで突如リウマチを発症し、急速に重症化しました。何の兆候もなく突然に極度の体調不良におちいり、あっという間にひとりでトイレに行くことも寝返りをすることもできなくなってしまいました。頭からつま先まで全身の筋肉が四六時中痛み寝たきりの状態を覚悟して目の前が真っ暗になったと言います。
必死の思いで手立てを探したO様は紅豆杉を取り入れた治療のことを知り化学療法研究所付属病院に入院しました。病院ではステロイド治療と併行して紅豆杉の摂取を開始しました。

【紅豆杉を服用してから】

紅豆杉を摂取し始めると、早くも2週間目には身体が軽くなったような変化を感じました。その後、副作用もなく治療が進み、全身の痛みが日ごとに軽くなりました。
入院時には19.25あったCRP値は2ヵ月後には6〜7ほどに低下しました。IL-6値はステロイドの効果が薄れた際にもとに戻りましたが、それ以降、急激に低下し続け正常値になりました。
闘病中はあきらめていた職場復帰もできました。現在は何の障害もなく元気に歯科医業に励んでいます。

CRP値:19.25 → 36週で正常値になりました。
RF値:114.77 → 18週で正常値になりました。

20年悩んだリウマチが改善 症例2

69歳

【症状】

20年前から多発性の関節の腫れと痛みに悩み、歩行障害で入院していました。手のこわばりも1日中つづき苦しんでいました。

【紅豆杉を服用してから】

紅豆杉を摂取し始めると、5週目には手のこわばりが消失し、関節の腫れと痛みもなくなりました。14週目にはIL-6値が正常値になりました。


関節リウマチでお悩みの方、お気軽にご相談ください。

TEL 0594-21-8993

このページの先頭へ

漢方相談が多い疾患

子宝の悩み

女性の悩み

皮膚の悩み

こころ・神経の悩み

アレルギーの悩み

頭・顔面の悩み

胃腸の悩み

循環器の悩み

免疫・代謝・内分泌の悩み

その他


鍼灸治療

漢方修徳薬局

〒511-0811
三重県桑名市東方327-3 ルラージュ1F
TEL 0594-21-8993
営業時間 AM9:30〜PM7:00
定休日 金曜・日曜・祝日